体内で生成できない9種類の必須アミノ酸は、どうすれば効率よく補給できるのでしょうか?

筋トレで筋肥大をしようという人にとっては大切な問題です。

その目安となるのが、アミノ酸スコアという数値です。

アミノ酸スコアとは

同じタンパク質食材であっても、そのアミノ酸組成は様々です。

あるアミノ酸がとても多く含まれている食品もあれば、逆に特定のアミノ酸が少ない食品もあります。

その不足しているアミノ酸が体内で作られる非必須アミノ酸であれば、それほど気にする必要はありません。

しかし、必須アミノ酸に極端な不足があると問題です。

これを数値で示したものが「アミノ酸スコア」です。

9種類の必須アミノ酸がどれも相当量満たされている理想的なタンパク質のスコアを100とします。

このアミノ酸組成と比較して作られているのがアミノ酸スコアです。

100という数値に近ければ近いほど、タンパク質として良質ということです。

9種類のアミノ酸のうち、どれかひとつでも不足していると、体内での利用効率が下がってしまうのです。

その食材に必須アミノ酸が十分に含まれていれば、それだけ体内でのタンパク質の利用効率が高く、特定のアミノ酸の量が少なければ、利用効率は低くなるのです。

必須アミノ酸のうち、量の多いものは体内ではうまく利用されないので余剰になります。

余剰のアミノ酸がどうなるかというと、老廃物として排泄されるのですが、その場合は腎臓に運ばれます。

タンパク質はろ過するのに非常に手間がかかるので、それだけ腎臓に負担がかかります。

尿酸に分解されて関節に蓄積されると、痛風の原因になることもあります。

筋トレをした後は、タンパク質を含む食材を積極的に食べたいところですが、まずはアミノ酸スコアを確認し、数値が100に近い食材を選んで食べるのがいいのではないでしょうか。

マッスルエレメンツHMBを最もお得に購入できるのは公式サイトです。