3代栄養素についてはご存知でしょう。

炭水化物と脂肪はエネルギーのもとになる栄養素、タンパク質はカラダをつくる栄養素。

こんなふうに教わったのではないでしょうか。

まさにその通り。人間の体は約37兆個の細胞でできていると言われていますが、それら細胞の主成分はタンパク質です。

内臓、皮膚、毛髪、血液、酸素、ホルモン、筋肉・・・これらの主成分はタンパク質です。

ミクロ単位で見ると

タンパク質をミクロ単位で見てみると、アミノ酸が集まって構成されています。アミノ酸は炭素、水素、酸素、窒素の複合体で、自然界には数百種類が存在しています。

このうち、人のカラダを構成するタンパク質の材料となるアミノ酸は20種類です。

それぞれのアミノ酸が複雑に複合して、さまざまなタンパク質が形成され、血となり肉となっているのです。

これら20種類のアミノ酸をすべて体内で生成できるのであれば、筋トレをするのに栄養学は必要ありません。

しかし、残念なことに、人の体はすべてのアミノ酸を体内で作ることはできないのです。

20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できるのは11種類です。

体内で合成できるので、「非必須アミノ酸」と言います。

・アスパラギン
・アスパラギン酸
・アラニン
・アルギニン
・グリシン
・グルタミン
・グルタミン酸
・システイン
・セリン
・チロシン
・ブロリン

これらを非必須アミノ酸と呼んでています。

一方、残りの9種類のアミノ酸はタンパク質を含む食物を摂取することで取り入れるしかないのです。

それらは

・イソロイシン
・ロイシン
・リジン
・メオチニン
・フェニルアラニン
・スレオニン
・トリプトファン
・バリン
・ヒスチジン

これら9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼んでいます。

肉や魚などのタンパク質食材が生きていくうえで必須とされるのは、必須アミノ酸を補給できるから。

年齢や体格に関わらず同じです。

筋トレ時には、普段のときより必須アミノ酸の必要量は増えます。

必要最低限の量を摂取するだけでは、ガンガントレーニングに励んでも結果がなかなか出ないのです。

原料がないのに筋肉は作られません。

がむしゃらにトレーニングしても成果は上がらないのです。筋トレ時には栄養学の知識が必要になるのです。

マッスルエレメンツHMBの効果、口コミ、副作用、購入前に知りたい全情報をまとめています。