トレーニングをする日は、間食でエネルギーとタンパク質を補充してからにしましょう

筋トレをするタイミングは、仕事が終わって帰宅途中や帰宅した後という人が最も多いのではないでしょうか。

ということは、昼食を食べてからかなり時間が経っていることになりますね。

運動するためのエネルギーも、血液中のアミノ酸の量も運動するときには低下していることになります。

そこで、トレーニングをする時は間食を取り入れて、運動に対応できるエネルギーとたんぱく質を補給したほうが効率的なトレーニングが行えます。

例えば、1本のバナナを口にするだけでも、トレーニングには非常に有効です。

バナナには実際のエネルギーになってくれる糖質、またエネルギー代謝に必須のビタミン B 群が含まれています。

さらに、筋肉を収縮させるために必要なミネラル、カルシウムやマグネシウムも豊富です。

エネルギーや運動に必要なビタミン、ミネラルはバナナで補い、タンパク質はヨーグルトか牛乳で補えばパーフェクトです。

プルーンやマンゴーなどのドライフルーツもおすすめです。果物に含まれているビタミンCなどは乾燥させることで失われますが、エネルギーとなる食物繊維、カリウムやカルシウムといったミネラルはほぼそのまま残っています。

食物繊維は腸内環境を整えて、コレステロールの排泄を促進します。

各種ミネラルは筋肉の運動をサポートしてくれます。また、色のついたフルーツにはアントシアニン、カロテンなど抗酸化物質も豊富に含まれています。

運動によって生じる活性酸素によって細胞を傷つけられることから体を守ってくれるでしょう。

また、ナッツも手軽に必要な栄養が補給できる良質な食材です。

植物性脂肪、タンパク質、食物繊維、ビタミンB群のほか、カリウムやカルシウム、マグネシウムが豊富に含まれています。
おすすめのナッツはアーモンドです。

油で揚げたものや砂糖でコーティングしたものではなく、ローストしたものを選んでください。

ちなみに、ナッツ類は高カロリーな食品です。従って食べ過ぎは禁物です。

例えばアーモンドなら一日の上限は25粒までと覚えておいてください。

運動する前に、血糖値を上げておくという意味では、おにぎり1個、サンドイッチ1パックなど口にしておくのもいいでしょう。

どんな食材を選ぶにしろ、エネルギーとタンパク質を充填してトレーニングをした方が、トレーニングの効率はより高まるでしょう。