筋トレにはおなじみのプロテイン。プロテインには大きく分けて三つの種類があることをご存知でしょうか。

一つは、牛乳に含まれる乳清を利用したホエイプロテイン

同じ牛乳を原料としていますが製法が特殊なカゼインプロテイン

そして大豆から作られるソイプロテインです。

この中で吸収率が最も早いのがホエイプロテインで、筋トレをする人のほとんどが利用しているメインのプロテインです。

この時、タンパク質含有率が高いものアイソレートタイプと呼び、吸収率がやや劣るものをコンセントレートタイプといます。

筋トレで体作りに励んでいる人の多くは、ホエイアイソレートタイプを好んで飲みます。

ただし、一日3度の食事がしっかり摂取できていない状態で吸収の良いプロテインを飲んでも、かえって逆効果になることがあるのは気を付けるべき点です。

すべての栄養素、特にたんぱく質は消化吸収されるプロセスでエネルギー元となる糖質、ビタミンやミネラルなどの酵素が必要です。

いくら吸収が良くてもタンパク質単体だけ取っていては筋肉に運ばれずにはまってしまいます。

余剰になったタンパク質は当然脂肪として蓄えられるので、筋肉をつけるつもりのプロテインが脂肪に変換されてしまうこともあるわけです。

いきなり大量のプロテインを体に入れても、使い切れずに余らせてしまっては摂取する意味がありません。

継続的に体の中で活用できるよう、時間差で消化吸収されるプロテインの方が有効だという考え方もあります。

最近では吸収の早いホエイプロテインと、ホエイプロテインの後にゆっくりと吸収されるカゼインプロテインの両方が配合されているプロテインも発売されています。

基本的なプロテインの活用法は次の通りです。

体重やコレステロールが気になる人は、植物性のソイプロテインを与えてチョイスしましょう。

それ以外の人なら、運動直後にはホエイアイソレート、運動の翌日の朝にもホエイプロテイン。こちらはアイソレートなら朝食と共に摂取することが大切です。

昼食でタンパク質が足りないというときには、課税プロテインを補給するのがいいでしょう。

継続的にタンパク質が消化吸収されるので、夕方以降にトレーニングをしようと思っている日などには有効なのではないでしょうか。