筋肉と成長ホルモンの関係

成長ホルモンと言うと、子供特有のものと思っている人もいますが、そんなことはありません。

成長ホルモンは大人になってからも重要です。

成長ホルモンは代謝のコントロールをしています。代謝とは、体内にある物質をエネルギーに変えてくれる働きのことです。

例えば、食事をした場合でも代謝が悪いと食べたものはエネルギーになりません。

しかし成長ホルモンが十分に分泌されていればエネルギー効率が高く、代謝が良くなるので「太りにくい体質」を維持することも可能です。

成長ホルモンは、十代後半をピークに年齢とともに分泌量が減少することがわかっています。

しかも40歳を過ぎたあたりから成長ホルモンの分泌量はピーク時の半分ぐらいに減少してしまいます。

しかし、筋トレで筋肉量を増やす事で成長ホルモンの分泌が促進されることもわかっています。歳をとっても見た目が若い人というのは、筋肉量が多い人ではないでしょうか?そのような人は、成長ホルモンの分泌量が多いと思われます。

筋トレをする時はたくさんのエネルギーが必要になるのですが、エネルギーを作る時に体内のグリコーゲンと脂肪酸によって、乳酸が作られます。

この乳酸ができる時に水素イオンが同時に発生するのですが、これが「筋肉疲労の原因」と考えられています。

筋肉は弱アルカリ性から中性の状態で活動的になりますが、水素イオンが増えて酸性に傾くと活動が衰え、筋肉疲労が起こります。

そして、乳酸が筋肉に溜まると疲労を回復しようとして、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるという仕組みです。

つまり、筋トレによって筋肉疲労を起こすと成長ホルモンが分泌されるということです。

そして、成長ホルモンは、タンパク質を筋肉に同化させる働きを促進します。

筋肉は膨大な数の筋繊維が集まってできています。

そして、筋トレをする事によって、その筋繊維の一部が破壊されます。

すると乳酸が生成されて、筋肉疲労が起こり、筋繊維を修復しようとして成長ホルモンが分泌されるのです。

筋肉が大きく太くなるプロセスは、「分解(破壊)⇒合成(修復)」です。

このプロセスを繰り返す事で、筋肉が大きくなっていきます。

筋トレをして筋線維を破壊して、成長ホルモンが筋繊維の修復を促進することで、破壊前より筋線維は太くなります。

成長ホルモンは、筋トレをすると分泌されると言われています。

実際はただ筋トレをするだけでなく、ある程度ハードなトレーニングで大きい筋肉を鍛えることでたくさんの成長ホルモンが分泌されます。

そして、その成長ホルモンの分泌を促進してくれるのがアルギニンという物質です。

筋トレ前や、成長ホルモンが1日の中でもっとも分泌される就寝前のタイミングでアルギニンを摂取すると、成長ホルモンの効果はより大きくなるでしょう。

アルギニンの他にも筋肉を増やすために必要な成分と言われているのがHMBです。

HMBは、筋肉をつくるタンパク質合成の増大と筋肉分解防止の両方に効果があることが明らかになり、この2,3年で大ブームになっています。

アルギニンは成長ホルモンの分泌をサポートすることで筋肉を強化し、HMBはトレーニングによる筋肉の分解を防ぎ、合成を促進することで筋肥大に貢献します。

アルギニンとHMBを効率よく摂取すれば、筋トレ効率は大きく上がるのではないでしょうか。

その成長ホルモンの分泌を促すアルギニンと、筋肉の分解を抑制するHMBが含まれている便利なサプリメントがあります。

それが、マッスルエレメンツHMBというサプリです。

マッスルエレメンツHMBとは?

マッスルエレメンツHMBには、HMBの他、クレアチン、アルギニン、DNA核酸、RNA核酸、BCAAなど、筋肉の成長を促進する有効成分がバランスよく配合されています。

マッスルエレメンツHMBを摂取しながら筋トレをすることで、成長ホルモンの分泌も促進されそうです。

マッスルエレメンツHMBの効果的な飲み方

1日に6粒~12粒程度が効果的といわれており、トレーニングの際はトレーニング前3粒、トレーニング後3粒が理想です。

これは、トレーニング前にHMB、クレアチンを摂取することで、トレーニングによる筋肉の分解を防ぎ、トレーニング後にアルギニンを摂取することで、成長ホルモンの分泌を促し、

また、筋トレしない日もマッスルエレメンツを飲むことをおすすめします。

マッスルエレメンツHMBは90日間の返金保証がついているので、不安なく購入することができます。

マッスルエレメンツHMBについて詳しい情報はこちらにまとめています。